実践スピリチュアル ガチスピ大学

スピリチュアルのタネと仕掛を教えます。

基礎講座2.0受講後の某受講生と酢ピ田のやり取り②

基礎講座2.0受講後の某受講生と酢ピ田のやり取り②

 

ういっ酢。

 

最近、やる事多めなので、

前置きとか押韻とかする余裕なく

本題だけ。

 

読者からしたら、

そっちの方が嬉しいのかもしれんけどね。(笑)

 

前回の某受講生とのやり取りの続きだから

前回の記事読んでない人は、

読んでからこれ読んだ方が、

流れがあるので分かりやすいかも。

 

基礎講座2.0(第一講義)受講後の

某受講生と酢ピ田のやり取り②

 

って事で、

 

続きのやり取り貼り付けます。

 

某受講生から

そうなんですよね。
治し方わからないから、藁にもすがる…。
 
「1」がガチスピだというのはわかります。
 
1つ質問ですが、例に例えばコウモリの出す
超音波の話がありましたね。
 
目に見えないけど、確かにあるもの。
でもこれも、今でこそ、
コウモリやイルカが
超音波というものを出していて、
 
科学的に実証することができるので、
常識になりましたが、科学の発達してない時代には
証明しようがなかったものですよね。
 
それと同じことが
今の時代にも言えると思います。
 
今は証明しようがないけど、
50年先の世界では当たり前のこと。
 
それがもしかしたら、
今はまだ酢ピ田さんのいう
「2」や、「3」の世界のものとして
頭のおかしい考えだと
思われていることもあるのでは?
と思います。
 
もし、100年前に酢ピ田さんが
タイムスリップしたとして。
 
ある男が、イルカたちは何かを
だしてコミュニケーションとってると言って、
周りから馬鹿にされていたら、
やっぱり今の時代では証明しようがないから
そんなことを言ってはいけないと言いますか?
 
この辺はどう思いますか?
酢ピ田
[こっから酢ピ田の回答]
 
それを「神の力」とか
いちいち言っちゃうかどうかかなーっていうか。
それが基礎講座2.0のツボ的な部分なのですよ。
要は、
「いちいち大げさに言いたがる病というか
習性が人間にはある。
特に精神的に病んでいる人間は。」 って事ですね。
で、精神的に病むメカニズムってのが、
①「神じゃないものに神的な扱いを受ける」
②「よくわからないけど思い通りに行かない。」
っていうこのあたりに対して、
 
歪んだ解釈というか解決の仕方をしてしまう。
って事なのかなと。
もう1つは逆側も言えますね。
ちょっと評価されたりして、
自分が神みたいに勘違いしてしまう。
このどっちかかなと。
一番厄介なのが、
1:まず精神的に病む
2:その後、訳の分からない事を言ったりやったりして、
なんかよく分からないけど多少評価されたり、結果が出たりする。 3:神みたいになる「悟っちゃった病」
こんな流れですね。
こういう人間が最近世の中の
表舞台に出過ぎているかなって気がします。
精神病の人間が活躍する時代が
やってきたって事ですね。
ただ、これが悪いと言えるかどうかは
疑う必要があります。
たしかにそれこそ、
進化した世の中とも言えるのかもしれません。
さっきのイルカの話にも
通ずると言えば通じます。
ただ、個々の部分がちゃんと
F田さんに伝わるかどうかは分からないので、
なかなか回答しづらいですね。
たとえば、
○○○○(某似非スピBBAww)みたいな
ああいうのは悪い例決定で良いでしょうね。
逆に、なんだろ○○○○○みたいのは
良い例とも言えるし、
○○○とか○○○○ってのはある種、
個人的には良い例とは言いたくないけど、
良い例と言っても良いかもしれません。
ガチスピってのは、
なんていうか説明が難しいんですよね。
「1」と「2」と「3」が混ざり合って、
この現実世界でギリギリのバランスを保って
突き進む 世界理解学みたいなものなので。
ちなみに「3」の妄想世界が
間違っているかどうかも
実際のところは決めつけられません。
ですが、間違っても今のレベルで
「正しい」とか「それが神の世界だ」とか
言っちゃう奴は精神病決定だ。って事です。
「100年後だったら解釈できるかもなー」
っていう考え方はある意味
アリだと思いますね。
なので、仮説を立てる、
特にぶっ飛んだ仮説を立てる。
 
って事も推奨している訳ですから。
頭で理解できるものだけが
すべてっていう教えならば、
ガチスピなどやる必要がなくなる訳で。(笑)
かと言って、
なんの根拠もないのに、
「神様がいる」 とか
「私は神様からのメッセージを受け取れる。」 とか。
よく言えちゃうなっていう。(苦笑)

 

とりあえず、②はこんな感じでした。

 

「今の時代に理解できないことを言うと、

 未来ではそれが正しかったり、

 当たり前になっている事もあるのではないか?」

 

というツッコミという

質問に対してのやりとりですね。

 

もちろんその可能性もあるけど、

その可能性はない。

 

というちょっと量子論っぽい

感じになりますけど、

 

例えば、30年前には

「お前頭は大丈夫か?」

と言われそうな携帯電話は、

 

とってもコンパクトで、

恐ろしい程の機能の携帯電話が、

今の時代では当たり前になりました。

 

が、

 

宇宙人に関しては、

30年前も、今の時代も

ほぼ同じ事になってます。

 

くだらない都市伝説は

沢山生まれたでしょうけど、

 

「信じるか信じないかは貴方次第です。」

 

レベルを超える事は出来ません。

 

だけど、30年前そんな話をしたら、

笑われる「携帯電話」については、

 

信じようが信じなかろうが、

現実的に存在している。

 

っていうこの

 

1:携帯電話的未知なる世界

 

 

2:宇宙人的未知なる世界

 

をごっちゃにしすぎだっていうね。

 

もっと言ってしまえば、

 

1と2はもしかしたら仲間かもしれませんが、

 

次は、

 

3:神様的未知なる世界

 

ってのをとなえる人たちがいるでしょ。

それこそこれはかなり昔から。

 

だけど、この世界って

 

死なないと分からない。

 

みたいな感じのルールになってるっていう。

 

なのに、

死んでいない、

あなたは、

何故神さまの世界の事が分かるの?

 

っていう矛盾については、

お茶漬け以上に、

サラサラッとスルーしているっていう。www

 

まあ、そういう

 

「とにかくひたすら都合の良い、

 ジャイアンもビックリするレベルでの

 ジャイアン的ルールの世界」

 

これを似非スピリチュアルって呼ぶ訳ですわな。

 

使われてない脳力の97%が使えるようになる。

 

とか言っちゃう連中居るでしょ?

 

そんな事が本当に起きたら、

 

今のレベルの人間は、

 

即死しますから!!

 

残念っっ

 

って事を言うと、

 

「そこも乗り越える」

 

とか言っちゃうんだろうなぁ。

 

だったら、なぜそいつら

食い物食わないと

生きていけないのだろうか。。。

 

金欲しがるのだろうか。

 

超越してないからだろ。。。

 

っていうね。

 

まあ似非スピリチュアルの世界ってのは、

 

はだかの王様」のあの

なんちゃって催眠商法と同じだからね!!

 

って事を再度警告しておいて、

この記事終わり。